脱衣アシストとは

風俗店で働く女性というのは、基本的には決められたサービスを提供してお客様を喜ばせることになります。
ですが、基本で決められたサービスだけをやっているだけでは、今の風俗業界では人気の風俗嬢にはなれないものなのです。
やはり人気の高い風俗嬢というのは、この基本サービスにプラスαのサービスを駆使してお客様からの指名をたくさん稼いでいるのです。
稼いでいる風俗嬢ほど、自分なりのプラスαのサービスをお客様に提供しているというのは風俗業界の常識でもあります。
まず、時間いっぱいに男性器を愛撫してあげたり、面白い会話で喜ばせてあげたり、余った時間でちょっとだけマッサージをしてあげたりといったように、「他の女性とは違う」、「他の女性よりも良い」とお客様から思ってもらうために色々とプラスαのサービスを工夫しているのです。

そこで、「脱衣アシスト」という風俗嬢が使うプラスαのサービスが存在してきます。
「脱衣アシスト」とは、お客様が服を脱ぐのを手伝ってあげることをいいます。
体と体の付き合いをする前のただ脱ぐ行為なのですが、工夫次第ではお客様の満足度を上げられるチャンスになるのです。
そもそも、高級ソープランドなどでは「脱衣アシスト」が基本サービスの1つになっています。
お客様が高いお金を払うソープランドでは、女性がしっかりと靴下から上着まで脱がしてくれます。
高級ソープランドでは、「脱衣アシスト」してもらうのが当たり前でもあるのです。
一部の中級ソープランドでも「脱衣アシスト」は基本サービスとして行われており、アル意味ソープランドではそれが普通のことでもあると感じます。
しかし、ソープランド以外のお店では全くこの「脱衣アシスト」を見かけませんので、もしも他の業種の風俗嬢が「脱衣アシスト」をすれば高収入にさらに近づけることになるかもしれません。

基本的に、デリヘルなどでは男性が自分で勝手に服を脱ぎ、女性側もお客様の脱衣に合わせて自分で脱いでいきます。
その後、一緒にシャワーを浴びてプレイに入る、といったことが一般的なサービス開始前の流れになります。
ここの部分で「脱衣アシスト」をしてあげると、お客様からの印象がとても良くなるはずなのです。
どこのデリヘル店でも基本サービスに入っていない「脱衣アシスト」ですから、お客様はどうして女性が丁寧に脱がしてくれるのかとちょっと驚いてくれると思われます。
その少しの優しさが男性の心を掴み、女性の印象を強くし、その後には指名へとつながりお給料へと反映されてくるのです。
マッサージなどのほかのテクニックよりも簡単にできることで、ただ単に男性の服を脱がせてあげるだけでお給料が増えるのでしたらやらない手はないようにも感じます。